英検に強く家族シェアもできる「オンライン英会話ENC/GNA」オフィシャルブログ

英検1級一発合格者が語る 2次試験1週間前に選んだ学習法!

会員のK.N.さんが、この度みごと難関の英検®1級に一発合格されました!すばらしいです!おめでとうございます!

お仕事でも英語を使われていて、英語の実力はしっかりお持ちだったK.N.さんですが、2次試験の「英会話」にご不安があり、ENC/GNAの「英検2次面接直前集中コース」を受講され、英会話を特訓されました。

そんなK.N.さんに、早速インタビューさせていただきました。
ENC/GNAのレッスンの感想だけでなく、英検1級合格に求められるものは何か、どんな勉強が必要かなど、英検上位級を目指す方にとって非常に有益なご意見を、思う存分語っていただけました!

仕事も家庭も両立しながら英検1級に合格されたK.N.さんにインタビュー

英検1級で最も大きなチャレンジは、面接でした

英検1級の1次2次試験を含めて、一番難しかったことは何ですか?

企業の外国語の部門での勤務経験や、翻訳の仕事の経験から、読み書きには一定の自信がありました。
しかし本格的な留学経験がないうえに、日常的に難しい英語を話す機会もなかったので、話すことのハードルがとても高く、2次試験に合格する自信がありませんでした。

今回2次試験対策として、オンライン英会話ENC/GNAのレッスンはお役に立ちましたでしょうか?

ENC/GNAでオンライン英会話レッスンを始めたのは、2次試験の1週間前。
「英検(R) 1級面接大特訓」というテキストを使って勉強したので、試験ではどんな風に聞かれるのか、どんな風な意見を述べたらよいのかなど試験の傾向を理解することに役に立ちました。

英検1級の受験勉強の大変さは?

1級の大変さは、難易度の高い語句を覚えることにあります。
特に最初の25問の語彙問題には、ネイティブスピーカーでも難しい専門性が高い語句が数多く含まれています。

文法は一通り習得していれば、難易度の高い文章でも読みこなすことが出来るので、1級レベルの学習者では、特に合格するために文法を勉強することは少ないでしょう。

しかし、複雑な文章を正確に、しかも早く読みこなすためには、難しい単語の意味を知っていなければなりません。そのために語彙力を挙げておく必要があります。

また、限られた時間の中で効率よく勉強して、ベストの状態で試験に臨むことが大変だと思います。
私の場合は、「この受験で合格しないと来年もう一度トライする時間はない」と、集中して取り組みました。

単語の勉強には「英検1級でる順パス単」(旺文社)を使用しました。
試験まで3ヶ月しかなかったので、でる度Aとでる度Bに集中して取り組みました。
語彙を覚える学習は、年齢的にもとても辛かったです。
英検1級の単語は難解すぎて役に立たないという人もいますが、私はそうは思いません。
1級の単語が役に立たない事はないと思います。

英検1級レベルでは日本語力も必要ではないですか? また準1級と1級の差は大きいですか?

日本語力と言うより、第一言語話者として日本語能力が確立している必要があります。
また幅広い話題に対応できる知識が必要だと思います。

準1級と1級とでは問題量、単語や文章の難易度に、大きな差があります。
1級では、さらに専門性の高い文章を、大量に正確に迅速に読む必要があります。
1級の語彙は1万2千語程度、準1級の語彙の2倍程度だったかと思います。

試験結果は、1次試験はある程度余裕をもって通過出来ましたが、苦手意識のあった2次試験はギリギリで合格しました。
2次試験では、2人の試験官が各自採点し、2人の点数を合わせて合否が決定されます。
私の場合は、自分の話しやすい話題を選ぶことが出来たのでラッキーでした。
話す経験が少ないところを、なんとか知識力でカバー出来たように思います。
単に流暢に英語が話せることが求められる試験ではなかったので、何とかなったのでしょう。

2次試験では課題が多く残りました。
外国語を流暢に間違いなく話すには、スポーツと同じで練習を積み重ねる必要があります。
今後もオンライン英会話でその強化に努めていく予定です。

次は、オンライン英会話の活用法と、ENC/GNAの講師について

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です